月僊

げっせん 1741~1809


【作者略歴】

生没年: 寛保元年~文化六年(1741~1809)

職 種: 江戸時代中後期の画僧

名 前: 名は元瑞・玄瑞 字は祥誉

事 蹟: 尾張国名古屋の味噌商家に生まれる。浄土宗の僧となり江戸増上寺に住し、桜井雪館に画を学ぶ。

その後上洛して知恩院に住し、円山応挙に師事して写実的画風の感化を受けた。

さらに元・明画、与謝蕪村などを学び一家を成す。

のちに伊勢山田寂照寺の住職となり、画料を寺院修繕や貧民救済にあてた。

文化六年(1809)歿、六九歳。