呉昌碩

ごしょうせき 1844~1927


【作者略歴】

清末・中国近代の文人画家。

浙江省北部の孝豊県村(現在では安吉県の一部)で生まれる。

名は俊卿、昌碩は字、別字に蒼石、号に苦鉄・大聾。

在官十余年で上海に隠棲。文芸を学び、詩・書・篆刻に精しく、画は筆力と気格のある個性的画風に達し、清朝最末期の代表的画人となった。また、書は周の石鼓文に基づき高古疏落の新様式を樹立、一世を風靡した。

絵画では、主に桃・梅・菊・竹などの花や野菜、果物を描いた。桃は古来、めでたい果物とされ、また長寿を表し、邪気を払うとも言い伝えられてきた。絵も独特で、枝ぶりや葉の描き方、素朴で力強い筆跡は呉昌碩自身の世界が表現されている。

民国16年(昭和2年)歿、84歳。