白隠慧鶴

はくいんえかく 1686~1769


【作者略歴】

江戸中期の臨済宗の僧。

駿河生。勅謚は初め神機独妙禅師、のち正宗国師。

十五才で松蔭寺単嶺祖伝に就いて出家、慧鶴と称する。のち美濃の瑞雲寺馬翁

宗春、伊予の正宗寺逸禅、越後の英岩寺性徹らの門を歴参。

享保三年、妙心寺第一座となる。東嶺円慈・遂翁元盧らを育て、臨済禅の中興を成し遂げ、よく民衆に禅を広めた。

明和五年(一七六八)寂、八四才。