橋本雅邦

はしもとがほう 1835~1908


【作者略歴】

日本画家。江戸生まれ。

川越藩御用絵師、橋本晴園養邦の子。

幼名は千太郎、のち長卿。別号に克己斎・酔月画生等。狩野勝川院雅信門。

フェノロサ・岡倉天心と協力、東京美術学校(芸大の前身)初代教授となる。

また日本美術院を創立、菱田春草・横山大観・下村観山・西郷孤月・川合玉堂らの俊秀を育てる。のち玉堂らと二葉会を結成、画宝会を組織した。

狩野芳崖と共に明治画壇の巨擘。帝室技芸員。

明治41年(1908)歿、72才。