橋本秀邦

はしもとしゅうほう 1881~1947


【作者略歴】

日本画家。

明治14年(1881)東京生。

日本画家橋本雅邦の三男。名は得。

父の指導を受け、連合絵画共進会で銅牌を受賞。

雅邦門下生による二葉会の幹事となり、文展開設にあたっては新派である国画玉成会に参加する。日本美術院院友。

昭和22年(1947)66才存、歿年未詳。