上田桑鳩

うえだそうきゅう 1899~1968


【作者略歴】

生没年: 明治三二年~昭和四三年(1899~1968)

師 事: 比田井天来

事 蹟: 兵庫県吉川村に生まれ、のちに宝塚の上田家の養子となり結婚。

天来門下でさまざまな古典を学び、昭和五年文部大臣賞受賞。

昭和八年同志と書道芸術社を結成し、また書道芸術を創刊して論評を発表する。

昭和十二年には大日本書道院を結成。

昭和三十年、日展脱退後は天来より引き継いだ奎星会などに出品。

晩年は岩絵具による色彩をともなった彩書を手がけ、三田方広寺などに揮毫。