井上円了

いのうええんりょう 1858~1919


【作者略歴】

安政5年、長岡市の真宗大谷派慈光寺の長男として誕生。

10歳から石黒忠悳に漢学を学び、新潟学校第一分校(旧長岡洋学校)では洋学を学び、東本願寺の留学生として上京、明治14年に東京大学文学部哲学科に入学。


教育界においても欧化主義や実学主義がもてはやされた時代、井上円了はそれらよりも「哲学」を標榜して哲学会を創設する。

「ものの見方・考え方」の基礎を身につけることが日本の近代化につながると確信し、私立の教育機関創立へと行動を起こす。

そして明治20年、若干29歳の若さで「私立哲学館」を創設(現在の東洋大学)、東洋哲学としての仏教の興隆に尽力した。

教育者、哲学者、心理学者である円了は、明治21年にはただひとりで海外視察を3回行った世界旅行者であり、民衆へ哲学と普及させた生涯学習のパイオニアでもある。

明治23年から大正8年までの27年間に、全国各地を巡回し、一般民衆を対象に講演活動を行った。また、迷信打破を説くために妖怪を研究した「妖怪学者」としても有名。

大正8年、中国旅行中に大連で客死。61歳。