川口呉川

かわぐちごせん 1879~1957


【作者略歴】

1879(明治12)年10月生。

家は宇治山田の高柳町で、代々古着商を営む。

本名は寅太郎、号に古衣庵、五瀬十峰堂。

早くから日本画家、磯部百鱗に師事して四条派流の画技を学び、後に京都に出て竹内栖鳳に師事、また京都絵画専門学校に学ぶ。

大正時代には、伊勢風俗を研究、「他人の企及し得ざるものあり。呉川の専売特許と称するも可ならん」と『大正三重雅人史』に評され、大正5年の皇后陛下伊勢行啓の際には、文展出品作品の中から宮川の部の絵巻物を献上する名誉に与った。

書は江川近情、和歌は井上頼文、俳句は大主耕雨に学ぶ。狂歌では二一転作と号し有名であった。

1957(昭和32)年歿。

本居宣長記念館所蔵作品には「御師邸内図」、小津茂右衛門コレクションで「桐華鳳凰図」など。

絹本著色で落款は「呉川写」。箱書に「桐華鳳凰図」。

箱蓋裏「大正四年御大典奉祝記念揮毫 川口呉川題」。