小村大雲

こむらたいうん 1883~1938


【作者略歴】

小村大雲は明治16年(1883)11月9日、島根県楯縫郡平田町(現出雲市平田町袋町)の穀物荒物商、小村豊兵衛とカメの長男として生まれる。

明治30年に高等小学校を退校、翌31年両親の許可を得ず単身上京し、橋本雅邦や川端玉章の門をたたくが断られ帰郷。

親族会議で親の承認を得て広島で絵の修行をするが、訳あって脱門し、平田の鰐淵寺にあずけられる。

その後京都で修行し、明治36年には山元春挙に師事。

大正元年(1912)、島根の加賀浦で題材を得た「釣日和」が、第6回文部省美術展覧会で第2科3等賞6席に入賞。以後3年連続入選、大正5年には「畫舫」が第10回文展で特選、以後も特選、無鑑査となる。

大正8年、第1回帝国美術展覧会で「推薦」にあげられ永久無鑑査となり、以後ほぼ毎年作品を出品し、委員・審査員など歴任する。

昭和10年(1935)、明治神宮に壁画「京浜鉄道開業式行幸図」が完成。

昭和13年、たまたま京都より帰省中の平田において2月20日、54歳の若さで急逝、極楽寺に埋葬される。