小寺謙吉

こてらけんきち 1877~1949


【作者略歴】

政治家。実業家。神戸市長。兵庫県生。

欧米に留学、エール大・コロンビア大・ジョンズホプキンズ大・ハイデルベルク大などで法学・政治学を学ぶ。衆院議員当選6回。

政界引退後は実業に専念、浪速化学工業社長、新日本新聞取締役社長等を務める。のち神戸市長に就任。また郷里に三田中学校を創設した。

昭和二十四年(一九四九)歿、七十九才。