尾竹竹坡

おだけちくは 1878~1936


【作者略歴】

明治11年1月12日、現在の新潟市に生まれる。

本名染吉。幼時、南宗派の笹田雲石に学び、竹坡の雅号を受ける。

明治24年富山に移り、兄の国一(越堂)とともに、生活のための売薬版画の下絵や新聞の挿画を描く。弟国観が『小国民』の全国児童画の一等賞を得たことを縁に、富山から同誌に挿絵を送るようになり、明治28年には上京して川端玉章に入門する。日本絵画協会・日本美術院連合絵画共進会等で受賞を重ね、人気が高まった。

明治37年に国画会で戦争展覧会を開いて盛況、明治38年には若手作家を糾合して大同画会を発足させ、国画玉成会へ合流する。

明治40年(1907年)の第1回文展に入選するが、翌年には岡倉天心と衝突、国画玉成会を弟の国観とともに退会。明治42年の第3回文展で『茸狩』が三等賞、明治43年の『おとづれ』や明治44年の『水』が二等賞と注目を浴びるが、台頭してきた学校派との根強い対立により、大正2年の第7回文展には兄弟そろって落選。

この落選の原因が美術行政制度にあるとして大正4年(1915年)には衆議院議員に立候補するも落選、多額の負債を背負い、濫作で自ら画名を落としていく。

大正末には未来派に接近、前衛グループ八火会を結成するなど再起を試みるも、昭和11年(1936年)6月2日に歿す(58歳)。

2007年2月25日号の美術誌『Bien(美庵)』Vol.43(藝術出版社)の巻頭特集「きみは、尾竹三兄弟を知っているか?』にて尾竹三兄弟の次兄として紹介されるや、国際浮世絵学会の機関誌や三兄弟の地元の『新潟日報』、『北日本新聞』でも特集が評価され、全国に潜在していたファン、コレクター、研究家、美術館などから熱いエールと全国規模の回顧展を望む声が上がり、現在も盛り上がりを見せている。