岡本大更

おかもとたいこう 1879~1945


【作者略歴】

美人画の画家 岡本大更

大正から昭和初期にかけて大阪画壇で活躍した日本画家。

岡本大更(本名・直道)は、明治12年(1879)9月14日、三重県名張郡滝之原村(現・名張市滝之原)で、父多吉、母まさの二男として生まれた。

明治19年、大更8歳のとき一家は東京に移住。同34年には京都へ移り、のち京都府農事試験場の技手を拝命し、桃山分場園芸部に勤務。蔬菜や果実などの写生に従事しながら日本画の修業を積んだ。この時試験場に来臨した皇太子殿下に写生画台覧の光栄に浴したという。

明治40年に大阪に移住、以降の活動の本拠とした。

若い頃は赤貧洗うが如しの生活であったため、師につかず独学自修であったが、生来の親友となる北野恒富らと知り合い「巽画会」大阪支部の結成に参画。その発会式では座長をつとめ、評議員に就任した。

大正3年、私塾「更彩画塾」を開き、義妹・延子(号・更園)らを育て、この年院展で「梨果」が、また文展で「温泉の宿」がそれぞれ入選。翌4年、「無花果」で文展入選、同5年、義妹の更園が「仕舞の部屋」で文展初出品初入選を果した。

その間、北野や野田九浦・菅楯彦らと大阪美術展覧会を起し、自ら鑑査員をつとめ、さらに大阪市美術協会の設立に加わり日本画部の評議員をつとめた。

昭和16年に結成された大阪日本画報国会では顧問をつとめたが、戦争が激化した同19年に後妻の郷里である香川県豊島に疎開。

翌20年12月、疎開先で死去。満66歳だった。

大更は美人画を得意とし、その作品は「近代的な浮世絵」と称された。

このほど松阪市の山田一生氏が、『日本画家・岡本大更‐その画業と更生・更園』としてまとめ、「伊賀百筆」編集委から出版した。

名張生まれの日本画家・岡本大更を1冊の本に 松阪市の美術愛好家 (2003/08/06)


大正時代から昭和10年代にかけて大阪画壇で活躍した名張市生まれの日本画家、岡本大更(たいこう)の作品と人となりを紹介する「日本画家・岡本大更

―その画業と更生・更園」が、このほど松阪市在住の美術愛好家、山田一生さん(80)によって出版されました。

著者の山田さんは陶芸史の研究家です。10数年前、古美術商の店頭で大更の作品に出会ったのがきっかけで大更研究を始めました。その後、「大阪の画壇で活躍した大更をもっと深く探求したい」と、「伊賀百筆」編集委員会(北出楯夫編集長)の協力などで、A4サイズ60頁建て(うちカラー26頁)の本に仕上げました。

大更は本名が直道。明治12年(1879)9月14日、名張郡滝之原村(現・名張市滝之原)に生まれました。若い頃は貧しさのため師につかず、独学で文部省美術展覧会などに入選を重ね、美人画の大家となりました。戦争が激しくなった同19年(1944)、香川県豊島に疎開。翌20年12月、疎開先で死去、満66歳でした。大更は、若くして名張の地を離れたため、伊賀地方では全く忘れ去られた存在となっています。

 妻の妹だった更園(こうえん・本名、星野延子)は、20歳で義兄大更の私塾「更彩画塾」で日本画の手ほどきを受け、2年後の大正5年(1916)の文部省美術展覧会で初出品初入選に輝きました。のちに上京して鏑木清方の門を叩き、女流画家として活躍しました。

大更の長男・富久馬は更生(こうせい)と号して、京都絵画専門学校を卒業後、土田麦僊に師事し、大阪美術展覧会などに出品しました。戦後、当時の名張町で「桔梗ヶ丘学園」が開校されるや日本画講師に就任し、名張地方の画家仲間で結成した「コンパル画会」に参画するなど活躍したが昭和55年(1980)、74歳で没しました。

著者の山田さんは「大更の作品は、同時代の画家と比べると分かりやすく、大更が描いたエロティシズムが感性に響きます」と話しています。