岡田米山人

おかたべいさんじん 1744~1820


【作者略歴】

岡田米山人は江戸後期の大坂を代表する文人画家で、家業の米穀商経営に精を出す一方、学問を修め、独自の画境を開拓した。

1744年(延享元年)に生まれ、通称米屋彦兵衛。

名は国、字は士彦。号の米山人は、米穀商であったところから取っている。

その画風は「筆致奔放、構図大胆、気骨凛々、賦彩妙手、真率磊落」と評せられ、特に最晩年の2年間に傑作が多い。

1820年(文政3年)77歳で没した。

藤堂藩大坂蔵屋敷に儒者として仕え、邸内の彼の部屋を「正帆」と名付けて知友の浦上玉堂を始め、木村蒹葭堂、田能村竹田、篠崎小竹、頼山陽 などと交友した。