柴田是真

しばたぜしん 1807~1891


【作者略歴】

幕末・明治の日本画家・蒔絵工。東京生。

幼名は亀太郎、のち順蔵、別号に令哉・古満等。

古満寛哉に蒔絵を、鈴木南嶺・岡本豊彦に四条派を学び、絵画・蒔絵・漆絵に

才を発揮する。古来とだえていた蒔絵の技法・青海波塗を復活させ、内外の展覧会で受賞したほか、宮中の御用もつとめ、明治御殿襖絵や新宮殿杉戸絵などを描いた。

頼山陽・香川景樹ら諸名家とも親交した。

帝室技芸員。明治二四年(一八九一)歿、八五才。