島地黙雷

しまじもくらい 1838~1911


【作者略歴】

生没年: 天保九年~明治四四年(1838~1911)

職 種: 浄土真宗僧侶、西本願寺執行

事 蹟: 周防で真宗僧徒の子弟教育にあたっていたが、明治五年本山より宗教事情視察のため欧州に派遣され、

帰国後に明治政府に政教分離と信教の自由を主張する建議書提出、さらに神仏合同の大教院分離を建白

して神道に従属していた当時の仏教の新生のために努力した。

その後も本山で機構改革に力を注ぐ一方、日本赤十字社の創立に参与するなど広い領域にわたって、

仏教界のために尽力した。