篠崎小竹

しのざきしょうちく 1781~1851


【作者略歴】

天明元年4月14日(1781年5月7日) – 嘉永4年5月8日(1851年6月7日)

江戸時代後期の日本の儒学者・書家。

本姓は加藤氏。幼名は金吾、名は弼(たすく)、字は承弼。小竹のほかに畏堂・南豊・聶江・退庵・些翁などの号がある。通称は長左衛門。

生 涯:

天明元年、豊後国の医師・加藤周貞の次男として大坂に生まれる。

9歳で篠崎三島の私塾梅花社に入門し、古文辞学を受ける。三島に後継ぎがなく13歳の時に望まれて養子となる。                                       

しかし、江戸幕府による寛政の改革が進む中、頼山陽に感化されると養家を抜け出し、江戸に遊学。尾藤二洲に学び古賀精里の門をくぐって朱子学者に転向する。のち養父・三島に詫びて和解がなり、梅花社を継いでいる。三島にも勝って塾は栄え、多くの門弟を育てた。

詩・書に優れ、書籍を刊行しようとする者のほとんどが小竹に序・題・跋などの文章を求めるほど人気があった。篆刻も得意とし稲毛屋山の『江霞印影』にその印が掲載されている。温厚で社交好きな性格だったこともあり、関西学芸界の名士となった。頼山陽とは、そもそも三島が菅茶山と悶着のあった春水の長子である山陽を預かることとなり、小竹はすぐさまその才能を見抜いて、茶山との間柄を取り持ち山陽を擁護した。友情は山陽の死後も続き、遺児の面倒までみている。

また、大塩平八郎とも養父・三島に初読を習った弟子である関係で交流があったが、平八郎は陽明学者で朱子学者とは犬猿の仲であり、兄弟子である小竹とも学説上の対立があった。

嘉永4年死去。享年72。大坂天満天徳寺に葬られた。