鈴木松年

すずきしょうねん 1848~1918


【作者略歴】

鈴木百年は、赤穂出身の父鈴木図書(ずしょ)の子として京都で生まれ、幕末から明治前期にかけて独自の作風を確立。最晩年には田淵家に滞在していたという記録が残る。

百年の子松年は、明治中後期の京都画壇で活躍した。

二人は明治期の一時代を築いたが、やがて主流派を外れ、現在はあまり知られていないという。作品は同館所蔵のほか、京都の博物館や寺社、個人から借り受けた。

田淵家で描いたとされる中国の漢詩を基にした作品をはじめ、百年は穏やかで上品な画風。対して松年は気性も激しく、合戦図などの勇壮な作品が多い。木曽こころ学芸員は、「二人の異なる作風を比較しながら見てほしい」と話している。

                             神戸新聞ニュースより抜粋