大綱宗彦

たいこうそうげん 1772~1860


【作者略歴】

江戸後期の臨済宗の僧。大徳寺四百三十五世。

大綱は字、宗彦は諱、空華・昨夢と号する。

6才で黄梅院に入り得度する。

修行後、夏峰宗正を継いで管長となる。

同院に引退してから風月を友とし、雅友と交わり、詩歌・書画・茶道を能くした。

万延元年(1860)寂、89才。