寺崎廣業

てらさきこうぎょう 1866~1919


【作者略歴】

放浪の画家といわれた寺崎広業は慶応2年(1866年)、久保田藩家老邸で生まれた。

字は徳郷、別号に宗山・騰龍軒・天籟山人等。

寺崎家は藩の重臣であったが、父の職業上の失敗もあって、幼時より祖母に育てられた。絵を好んだが貧しく、10代半ば独り秋田に帰り素麺業をやったりしたという。秋田医学校にも入ったが学費が続かなかった。

結局好きな絵の道を選び、16歳で秋田藩御用絵師だった狩野派の小室秀俊(怡々斎)に入門、19歳で阿仁鉱山に遊歴の画家第一歩を印したが、鹿角で戸村郡長の配慮から登記所雇書記になった。生活はようやく安定したが、絵に対する情熱は弱まらず上京する。

平福穂庵に入門するも4か月でまた放浪の旅に出る。日光大野屋旅館に寄寓、美人画で名を挙げたのち帰郷、穂庵の世話で東陽堂の「絵画叢誌」で挿絵の仕事をした。ここで諸派名画を模写し、総合的画法の基礎を築いたといわれる。

1898年(明治31年)、東京美術学校助教授に迎えられた。翌年岡倉天心排斥運動がおこり、天心派の彼も美校を去った。天心と橋本雅邦は日本美術院を興し、橋本門下の横山大観・下村観山らと広業もこれに参加。

翌年美術学校教授に復帰、日露戦争の従軍画家も務める。第1回文展では審査員となり、自ら大作「大仏開眼」を出品。1912年(大正元年)の文展には「瀟湘八景」を出して同名の大観の作品とならんで評判となる。1917年(大正6年)帝室技芸員を命ぜられ、芸術家として斯界の最上段に立つようになった時、病気になり、1919年(大正8年)54歳で逝去。

葬儀に3000人も会葬したという。

狩野派を小室秀俊に、四条派を平福穂庵に師事。のち南画家の菅原白龍にも学び、諸派の画法を取り入れて日本青年絵画協会・日本絵画協会等で活躍。  

のち岡倉天心らと日本美術院を創立、また文展開設にあたって国画玉成会に参加、審査員として同席に出品を重ねる。

東京美術学校教授・日本美術協会会員・帝室技芸員。

大正8年(1919)歿、54才。