梅原真隆

うめはらしんりゅう 1885~1966


【作者略歴】

浄土真宗の僧・政治家。富山県生。隆乗の子。

佛教大学卒業後、龍谷大学教授・富山大学学長・西本願寺執行や勧学寮寮頭等を務める。また顕真学苑を創設し、海外に布教した。

参議院に当選し緑風会に属する。

昭和四一年(一九六六)寂、八一才。