大徳寺黄梅院 小林太玄老師書





岩波美術店

沿革
四代前の忠兵衛良介が江戸時代後期に創業した当時、「碗屋忠兵衛(碗忠)」を名乗ってお椀(漆器)を専門に扱っていました。
その後、特産品の竹籠を扱ったり、現代の百貨店につながる「観覧場」を主催するなど変遷の歴史を経て、分家となる弊店では物故作家日本画や現代掛軸絵画、さまざまな美術品の修復、刀剣や印染などを扱っています。

店名の由来
弊店の代表が親しむ武道の中から、学生時代に得意だった形の名前を頂きました。
上の扁額は独立の際に揮毫頂いたものです。





お得意先へ伺っていることが多いので、ご来店の際は事前にお電話かメールを頂戴できると、確実な日時の打ち合わせをさせて頂けます。
ご自宅で商品をご覧になりたい、査定をしてほしいなどのご要望がございましたらお伺いいたします。
兵庫・大阪・京都・奈良・岡山・鳥取の各府県は無料、それ以外は交通費を頂いております。

岩波美術店

〒651-1412
西宮市山口町下山口3丁目1-3
Tel:078-903-1855
contact@iwanami-art.jp

(ご来店の目印は25mの大ケヤキです)


印染工房
〒604-8242
京都市中京区三条西洞院下ル柳水町80


店舗の場所