美術職人ネットワーク

 現代ではすべてにおいて、修理するよりも、交換したり買いかえたりするほうが主流になってきました。
 良い材料でしっかりつくられているものは、手を加えればさらに寿命がのびるのですが、費用が高くつくので敬遠される方が増えています。
 修理の需要がなくなると、修理ができる職人も減少し、費用の単価が高くなるというスパイラルは今後も続いていくでしょう。
 私どもで契約している美術関連の職人は私を含め現在22名ですが、やはり70代以上が8割にのぼります。
 工程が重なるものもあり、これを「美術職人ネットワーク」と名付けているのですが、若手がおらず、今後継承されないおそれのある技術もいろいろあります。

 このような職人の技術を守るといってはおおげさですが、修理を職人に発注することは、技術の継承に一役買うことにもつながります。
 「これ直るかなあ」と思われたら、ぜひ一度お尋ね下さい。修理が不可能なケースもありますが、まだ何とかできるものがほとんどです。
 修理の費用もさまざまですが、ご支援とご理解を頂くために、まずはお見積りをさせて頂けるとありがたく存じます。
 下記のようなさまざまな修復ができますので、お問い合せ下さいませ。

古書画修復
#
古書画修復
昔から伝わる掛軸や屏風、欄間にかかる扁額、襖絵から衝立にいたるまで修復することができます。 古書画の解読や調査もさせて頂きます。
さまざまな調度品の修復
#
さまざまな調度品の修復
紫檀や黒檀などの、いわゆる唐木で作られた座敷机や茶棚から、いろいろな置物からお人形にいたるまで、思い出深い調度品の修復を承ります。
仏壇仏具の修復
#
仏壇仏具の修復
塗仏壇の漆の塗り直しや金箔の押し直し、唐木仏壇のしめ直し、仏像の洗いから仏具の修理や交換まで、何でもご相談下さい。