ご相談

主な取扱品目のほかに、下記のようなことをさせて頂けます。
お見積りだけでも結構ですので、ご遠慮なくお問い合せ下さい。

刀剣、刀装具

印染(しるしぞめ)

表装

古書画の修復

仏壇仏具の修復

唐木家具のしめ直し

・茶碗や皿の金継ぎ

割れたり欠けたり、ひびの入ったりしたお道具を漆で繕い、金や銀を蒔いて再び使えるようにできます。
破損の状態がそれぞれ異なるため、現状確認後にお見積りいたします。

・油彩画の修復

年月を経てひびが入ったり、絵具が剥落しそうな油彩画を修復することができます。
多くは再び油絵具を定着させ、彩色するという手法をとりますが、状態によって異なる場合もあります。

・博多人形の修復

お顔が汚れたり、手が折れたりした博多人形を修復することができます。
状態によって修理の手間も大きく異なるため、現状確認後にお見積りいたします。

・古書画の年代や作者の調査

ご自宅に残る掛軸や屏風、いったいどれくらい古いのだろうと思われたことはありませんか?
落款や印がどこかにあれば、年代や作者をお調べすることができます。
残しておくべきものかどうか、迷われたらお声がけください。お調べするのに費用は頂きません。
結局詳しいことはわからないかも知れませんが、処分はそれからでも遅くないかと存じます。

・古書画の解読

座敷の掛軸や扁額に書いてある字が達筆すぎてわからない、というお話はよく伺います。
同じ掛けるにしても、意味がわかればまた見る目が違ってきます。ご遠慮なくお問い合せ下さい。
ただし古文書などの解読は膨大な時間がかかることが多く、お断りすることもございます。


現状を確認するため訪問させて頂く費用は、一切頂戴いたしません。
ただ、お品によっては手の施しようがなく、修復不可能な場合もありますのでご了承ください。

買取・査定

書画刀剣と昔から言われる書や絵の掛軸や、刀剣刀装具の類の買い取りもさせて頂きます。できるだけ相場よりも高く買わせて頂ければ良いのですが、そのまま売れないほどいたんでいるものは何らかの手を加えないといけませんので、その費用を差し引いた値を付けさせていただくことになります。

また、代理で業者間の美術市場に出品させて頂くこともできますが、いくらで売れるかはわからないものです。事前に落札予想価格を申し上げますので、それでもよろしければお預かりいたします。ただし、売れなくても出品の手数料はかかります。(ネットオークションと同じです)

兵庫・岡山・鳥取・奈良の各県と大阪府、京都府は出張費を頂きません。また、郵便やメールで写真をお送りいただければあらましはわかるかと存じます。

ご遠慮なくお問い合わせください。


A

品物を見て、まっとうなところを申し上げます。いま現在の相場に基づく価格ですので、購入された価格よりも大幅に下がっているかも知れません。贋作や破損がひどいものの場合はなおさらです。ご期待に添えない場合は申し訳ありませんが、処分をお任せ頂ける場合は最後まで誠意をもって対応させて頂きます。

A

例えば、錆びていたんだ刀があったとします。研いだり鞘を作ったり、次に販売するために15万円かかるとします。ところが妥当な販売価格は20万円だったとするとどうでしょう。5万円以下で買わせていただかないと赤字になってしまいます。そのような計算をして値を付けさせて頂きますと、何も手を加えずに済むほど状態が良ければ、それだけ高く買わせて頂けることになります。