刀剣 刀装具

居合や抜刀などの武道で実際に使う日本刀や、それらの刀を装う鐔や目貫などの刀装小道具を主に扱います。美術鑑賞刀よりも低価格でご提供できるよう努め、ご不要の御品の買い取りもさせて頂きます。

刀剣は用途により様々な種類があります。切る刀、振る刀、重い軽いなど、目的に応じた刀をお探しします。また、バランスをとったり見栄えを良くしたり、実用的・絵画的な鐔、柄の太さや長さを左右する縁頭、手持ちのポイントとなる目貫など、小道具についても ご相談ください。

鐔・目貫・縁頭などは、写真の他にも各種ございます。
掲載作品中、売り切れとなっている場合はご容赦ください。

海鶴図鐔

刀匠鐔

破傘図透鐔(銘小田原住正次作)

井筒透鐔

勝字透鐔

竹透図鐔 古正阿弥

二ッ巴木実透図 尾張鐔

武蔵鐔(銘佐州好古作)

撫子紋入大縁頭

波に千鳥図 縁頭

武具図 馬具図 目貫



柄巻用豚裏皮

刀剣諸工作

研ぎ

刀は包丁を研ぐような訳にはいかず、一般の感覚からすると高いものに感じますが、職人の技術により美しく復元できます。一寸(約3cm)がいくら、という計算で例えば一尺三寸の脇差を寸1万円の研ぎにかけると13万円、寸2万円なら26万円、というような計算になります。

白鞘

刀を保管するための白木の鞘です。刀を研いでも、元の古い鞘に入れておくとまた錆びがうつります。そこで新しい保管のための鞘を作ります。

外装

柄の糸がいたんできたのを巻き直したり、鞘を塗りなおしたり、さらに拵えを新たに製作したり、さまざまなことができます。

その他

ハバキ製作、切羽製作、樋彫り、継木製作など

刀剣あれこれ
#
刀剣あれこれ
刀剣につぃて
刀剣の手入れ
#
刀剣の手入れ
刀剣の手入れ
銘の真偽鑑別のために
#
銘の真偽鑑別のために
刀剣の真偽の見分け方
A

著名な刀工の手による、鑑賞にも耐えるような美術刀剣は高価です。また総じて、現存の刀工が製作した刀も高くなります。
(材料費などの点からみても、やむを得ないところです。)
逆に無銘の刀、錆がきた刀などは比較的安くで入ります。
当店では主に、新しくは昭和初期、古くは安土桃山時代にいたるまでの、実際 武道で使えそうな刀を扱っています。大まかですが30万~100万円程度の価格帯です。

A

錆びもひどくなく、外装もいたんでいなければすぐに使えます。しかし、柄の糸を巻き直したり、鞘を塗り直したりと手を加えないといけないものが多く、刀は安価で手に入ってもその後の修理に費用がかかるケースが多いです。

A

お願いする研師さんによって異なるのですが、弊店では一寸(約3㎝)あたり8,000円(税別)~20,000円(税別)程度で承っております。
価格の違いは、作業工程をどの段階まで行うかとか、砥石などの道具を何種類使用するかなどによっても変わってきます。
ご予算に合わせたり、使用目的(鑑賞か武道か)に合わせたりもできます。