橋本関雪

はしもとかんせつ 1883~1945


【作者略歴】

生没年: 明治十六年~昭和二十年(1883~1945)

職 種: 大正・昭和期の日本画家

事 蹟: 旧明石藩の儒者、橋本海関の子として生まれる。

幼少より苦難の生活を送り、小学校卒業間際に学業を放棄、四条派の画家、片岡公曠に学ぶ。

その後放浪の末、京都の大家である竹内栖鳳に入門。

第二回文展からたびたび入選を重ね、第七回では二等賞、続けて入賞。

四条派や西欧の絵画を吸収し、卓抜な技法と厳しい個性により新南画の境地を開拓する。

詩文にも長じ、生涯に三十数回中国に遊ぶ。

アトリエである銀閣寺の白沙村荘は、現在も公開されている。