金島桂華

かなしまけいか 1892~1974


【作者略歴】

日本画家。広島県に生まれる。本名政太。

初め大阪で西家桂州、平井直水に師事。のち京都に出て竹内栖鳳の門に入った。

大正7年の文展に初入選、以後官展に出品を続け、昭和28年に芸術院賞を受賞。

また京都市立美術工芸学校で教鞭をとり、画塾衣笠会を設けて後進を指導するなど、教育面にも力を尽くした。芸術院会員。

四条派の写生体を基本とした花鳥画を得意とし、美しい装飾表現に特色がある。

〈主な作品所蔵先:京都市美術館、広島県立美術館、五島美術館、華鴒美術館など〉