池田遥邨

いけだようそん 1895~1988


【作者略歴】

日本画家。岡山県生。

名は昇一。京都絵画専門学校卒。

はじめ大阪の松原三五郎の天彩画塾で洋画を学ぶが、のち日本画に転向、京都の竹内栖鳳の竹杖会に入門する。

冨田渓仙の影響を受けた鳥瞰図法による明るい色彩の風景画で独自の画境を開く。

上村松篁らと水明会を、浜田観らと葱青社を結成、また画塾青塔社を主催し後進の育成にあたる。新文展・日展審査員を歴任。

昭和51年日本芸術院会員、昭和59年文化功労者、そして昭和62年には 文化勲章を受章し、日本画壇を代表する一人となった。

昭和63(1988)年9月26日、急性心不全のため93歳の誕生日を目前に他界。