菅楯彦

すがたてひこ 1878~1963


【作者略歴】

大阪の市井・風俗をえがいた日本画家。

明治11年鳥取県生。

本名藤太郎。号は盛虎、のち静湖。父は四条派の日本画家、菅盛南。

2歳の時に父に伴われて来阪する。明治22年父の病気のため高等小学校を中途退学、画業で一家を支えることに。版画家である長谷川富三郎は、楯彦晩年、「私には少年時代が無かったですからね」としみじみ語るのを聞いたという。

以後独学で南画・狩野派・四条派の影響をうけた画風を築き、有職故実や国学・漢学の素養を深め、大和絵風の歴史絵を好んで描く。特に大坂の絵によって名声を得た。人柄は豪放磊落、世話好きで誰からも尊敬された。雅楽にも造詣が深く、伝統雅楽の保存に尽力。

昭和32年、芸術院恩賜賞を受賞。昭和33年、楯彦と雅号を改める。

昭和20年から22年まで倉吉に疎開。

大阪府文芸賞、大阪市民文化賞受賞。

日本画家初の日本芸術院賞恩賜賞受賞。倉吉市名誉市民章受賞。

昭和37年、大阪市名誉市民の称号も受け、翌38年9月4日歿。享年85歳。

墓は阿倍野墓地にある。